2016年03月01日

がんはどうしてできるのか?環境要因?遺伝要因?

がんはどうしてできるのか・・・

がん細胞が無限に増殖し、周囲の臓器に浸潤し血管やリンパ管を通って他の臓器に転移する病気が「がん」です。

今だ「がん」のイメージは「死」ですがそれは違います。治療法は日々確立されておりがんの種類によっては効果のある抗がん剤、放射線治療はあります。

私達の体を作っている細胞の多くは日々分裂して増殖していきます。一方で死んでいく細胞もあり正常の状態では上手くバランスが保たれています。癌細胞も正常細胞と一緒に増えるのですが正常のバランスが保たれていれば癌細胞は死んでいくのです。しかしこのバランスが崩れると癌細胞が無秩序に成長してしまい大きな腫瘍(がん)を作るのです。

どうしてこんな無秩序な増殖状態になるのでしょうか??
第一の原因は、「がん遺伝子」と「がん抑制遺伝子」の異常です。




  ↓  ↓  ↓  ↓
>>がん抑制遺伝子p53遺伝子誘導体配合サプリメント


がん遺伝子になる前の遺伝子(がん原遺伝子)は、生命の維持に必要なとっても重要な遺伝子です。がん原遺伝子に異常が起こると、細胞増殖を持続的に亢進させるがん遺伝子になってしまいます。アクセルを踏みっぱなし状態になります。

がん抑制遺伝子は正常の細胞が持っている遺伝子で、細胞の無制限な増殖を抑えるブレーキの役割を果たしています。がん抑制遺伝子が機能を失うとブレーキが壊れてしまっている状態となります。

老化した細胞や異常な細胞は「アポトーシス」という働きで排除されます。
>>アポートシス作用の詳細はコチラ
この働きに異常が生じることもがん化への道になります。

がん化と関連したもう1つの重要な要素が「テロメレース」という「細胞の不死化」に関する酵素です。多くの癌細胞はテロメレースが活性化していて、いつまでも若々しく増殖を続けることができるのです。こちらは分子的治療法研究段階で長寿に関する遺伝子であることと研究が進んでいますが今だその治療法は確立はされていません。

がん細胞が出来てから、がんとして大きく成長するためには血液が必要です。血液を供給するための血管を作る血管新生誘導要因子ががんの周りに血管を作るのです。
>>がん血管新生を抑制する働きについて

がんは1日してならず、です。大きくなったがんは周囲の組織や遠くの臓器に広がっていきます。最後は母体である生物(人間)を死に追いやることで自らも死を迎えるのが本当に怖い「がん」の正体なのです。








posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | がんはどうしてできるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

がん細胞が転移したり増殖したり必要なたんぱく質「RAC」の働きを止める化合物質「DocK1」

生体防御医学研究所の福井宣規教授や東京大理化学研究所などのチームが難治性がんについて、がん細胞の生存や転移に重要な役割をしているタンパク質を突き止め、この働きを阻止する化合物を見つけたと発表した。数年内に治療薬の開発を目指す。

2日付の米科学誌セル・リポーツ電子版に論文を掲載した。
チームが研究対象としたのは、変異したがん遺伝子をもつがん。変異遺伝子は膵臓(すいぞう)がんのほとんどや、大腸がんの約5割で見られるなど、がん全体の3分の1で確認されている。有効な治療薬は開発されておらず、難治性とされる。

これまで、変異遺伝子をもつがんの増殖や転移は、細胞の形態変化を促す分子「RAC」の活性化が原因であることが分かっていた。しかし性質上、RACを直接コントロールする薬の開発が難しいことから、RACを活性化させている分子を見つけ出すことが課題だった。

福井教授らは、RACに関係する多数の分子のうち、「DOCK1」というタンパク質に注目。DOCK1を発現しないよう遺伝子操作したところ、がん細胞の周辺組織への浸潤や、細胞外からの栄養源の取り込み活動が低下し、がん細胞の生存度が落ちたという。

このことから、チームはDOCK1が、RACの活性化に大きな影響を与えている分子だと判断。DOCK1の活動を抑えれば「変異遺伝子をもつがんの治療に役立つだろう。

実証を重ね、効果的で安全な抗がん剤を作り出したい」としている。

ラベル:RAC
posted by 健康オタクよっつん at 17:32| Comment(0) | Dock1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

がんと免疫の関係をわかりやすく解説!がんの発生とがん抑制遺伝子p53の役割について

がんとは何か?なぜがんが発生するのか?

人間を構成する数十兆の細胞は分裂や
増殖に加えて、がん抑制遺伝子(遺伝子p53
のような)の働きにより不要になった細胞や
変異により異常をきした細胞がアポトーシス
(細胞の自滅)を起こすように設計されて
います。

そのため悪性腫瘍になる細胞が発生したと
しても様々な免疫監視機構の中で、がん化
することは非常に少ないのです。

では、なぜがんが発生してしまうのか?

遺伝子変異は細胞分裂のDNA複製のエラー
(コピーのミス)もしくは紫外線や放射線
などの外敵ストレスによるDNA損傷が
原因ですが、

長期にわたり、これが幹細胞に蓄積することで
生物は進化あるいはがん化する要素を常に
持ち合わせていることになります。

生体は、がんの発生を抑えるために、
遺伝子p53のような、がん抑制遺伝子を
使って細胞の機能を正常に保っています。

正常な細胞では遺伝子p53が他の遺伝子も
働かせながら細胞の機能維持に関与しています。

遺伝子p53は、DNAの傷(変異)の蓄積を
止めて異常細胞ができるのを防ぎ、がん化
した異常細胞にはアポトーシスを誘導する。

がん細胞では、遺伝子p53に異常が起こり
p53に関係する機能が損なわれていて
遺伝子DNAの変異の蓄積、細胞の異常増殖
などが引き起こされる。




  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体配合製品なら、全分子フコイダンエキス


免疫システムががんの発生とどう関わって
いるのか。


免疫力の低下が、がんの発症を促しているのは
確かなようです。免疫システムはがん細胞を
どのようにして監視し排除しているのでしょうか。

免疫によるがんへの攻撃方法は2つあります。
1つは自然免疫による非特異的ながん細胞
攻撃で主な担い手はNK細胞です。

もう1つは適応免疫の細胞性免疫による
特異的ながん細胞攻撃で主な担い手は
細胞障害T細胞です。

がん細胞には正常細胞には存在しない
がん特有の様々な特異的抗原があります。
細胞障害性T細胞はがん細胞の表面に
MHC分子とともに提示されたこのがん抗原
を認識してがん細胞を殺します。

NK細胞は、とくにがん抗原を認識するわけでは
ありませんが、がん細胞表面のMHC分子の異常
を察知して異常細胞と判断してこれを破壊します。

こうした攻撃から逃げるために、がん細胞は
がん抗原を細胞表面から消失させたりMHC分子
をなくしたり、また免疫抑制物質を生産した
りします。

これをがんの「免疫回避」と呼んでいます。
免疫力の強化が、癌予防やがん治療に
欠かせないことは明らかです。

パーフェクトフコイダン










posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | がんと免疫の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

近い未来にがんと共存を実現する、がんカテーテル治療法!インターベンショナル・ラジオロジー

がんと共存を実現とする画期的な治療法
「がんカテーテル治療法」とは?!

がんを殺す抗がん剤(テロメライシンやG47△
などのがん治療用ウイルス)を直接患部に
届けるという画期的なアイデアがあります。

カテーテルとは、心筋梗塞や脳梗塞によって
詰まった血管を広げるときに使われる細い
管でできた医療器具です。

従来のがんカテーテル治療法では、足の
付け根から局所麻酔を行いカテーテルを
血管の中に挿入します。

画像診断装置を見ながら、ゆっくりと血管内
を移動させてカテーテルの先端が、がん組織へ
到達すると器具の先端に装着した少量の
抗がん剤を放出してがん細胞に直接投与します。

一方、がんの細胞に血液を送る血管に栓をして
栄養や酸素が届かなくしてガンを死滅させます。

この技術は専門的には
「インターベンショナル・ラジオロジー」
(IVR)とも呼ばれています。

この治療法はガンが発生した原発巣だけでなく
体中どこへ転移してもカテーテル治療をして
がんを小さく出来るでしょう。

さらに耐性を生じることも副作用を起こす
こともなくがんは怖い病気ではなくなる
のではないでしょうか。

がんウイルス・カテーテル治療法が
出来るようになればガンと共存できる
という事です。





posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | がんカテーテル治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

がんのウイルス療法について分かりやすく解説!

ウイルスを用いた遺伝子治療の方法
として2種類あります。

がんのウイルス治療についてわかりやすく
解説してみます。

1つ目は標的細胞を患者から取り出し
培養条件下で正常遺伝子を導入した
細胞を再び患者の中に戻します。

もう1つは遺伝子を直接細胞へ導入します。
遺伝子そのものを打ち込む方法とベクター
(運搬役)を介する方法もあります。

ある種のウイルスは、がん細胞に感染すると
過激なまでに増え続けて感染細胞を殺して
しまう性質をもつことが発見されました。

その理由は、がん細胞がとても活発に
細胞分裂するのに比べて正常細胞は通常
細胞分裂をしないからです。




  ↓  ↓  ↓  ↓
>>癌の有効成分【p53誘導体DBグルコース】


このようなウイルスは腫瘍溶解性ウイルス
(オンコリティックウイルス)と呼ばれており
このウイルスを用いたがん治療法は
がんウイルス療法」と呼ばれています。

腫瘍溶解性ウイルスは正常細胞でほとんど
増殖しないのに、がん細胞では高い複製能
を示すために、がん細胞を特異的に殺します。

がんウイルス療法の注目すべき利点は
ウイルスに対する耐性が起きないため
何回でも同じ治療を繰り返し受けることが
出来ると言うことです。

しかも副作用がほとんど無く何回も
ウイルスの攻撃を受ければ増殖力の
高い「がん」も殺してしまうのです!










posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | ウイルス療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

遺伝子治療はどんな治療法なのか?効果はあるのか?金額は?遺伝子治療の基礎知識について

遺伝子治療はどうすれば受診できるのか?

他に治療法がないという中で遺伝子治療は
夢の治療法となる可能性を秘めています。

余命何ヶ月・・・といわれた末期の脳腫瘍
患者が単純ヘルペスウイルスを用いた
遺伝子治療によって何年もの間元気に生活
出来るようになったというニュースは怖い
がん治療に対しても希望が持てます。

しかし減じようでの遺伝子治療は他に
治療法がない場合に限ります。その意味で
保険適用の遺伝子治療はまだ存在しません。

それでも臨床研究、あるいは製薬会社が
参加した治験に患者として参加する方が
増え始め最近では自由診療というレベルで
クリニックも多く見られます。

治療効果も千差万別で実際に効果があったり
なかったりで自分の症状との愛称をクリニック
と自分の判断が必要となります。

費用は1クールで200万前後と考えて下さい。
1クール(約半年くらい)

保険適用が認められるまで待てない患者さんを
対象としたクリニックがほとんどです。




  ↓  ↓  ↓  ↓
>>癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合


遺伝子治療をわかりやすく解説!

遺伝子治療とは遺伝子の異常により
病気になった患者さんの細胞に外部から
正常遺伝子を導入して働かせることで
病気を治療することを意味します。

正常細胞には無害なのに、がん細胞のみを
攻撃して効率よく殺してしまう「腫瘍
溶解性ウイルス
(オリコリティックウイルス)」
が開発されました。

最近では、将来の罹患可能性を遺伝子検査
調べることで手術などの治療を施すことも
遺伝子治療に含まれるようになってきました。

>>遺伝子性乳がんを予防する遺伝子検査の役割

正常遺伝子の導入には主として人体には
害が少ないウイルスを運搬役(ベクター)
として使います。

最近ではこのベクターが病気の細胞を
正常な遺伝子にしてくれる役立つ
善玉ウィルスを見つけてれ、がん細胞
のみに感染して殺してくれる働きを
もっています。

もはや遺伝子治療は特殊な遺伝子疾患を
治療し強力な治療法として可能性を
秘めてきました。

21世紀に肺ってバイオ技術が飛躍的に
進展したおかげで一般的な疾患(がん、
糖尿病、アルツハイマー病、パーキンソン病)
などに対しても実施例が増えてきています。












posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | 遺伝子治療の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

癌治療の革命が起こる?!新薬「抗PD-1抗体」オプシード(ニボルマブ)が免疫力を増大させがん細胞の力を弱める

日本で開発されたこの新薬では、
「免疫チェックポイントの阻害」という
まったく新しい発想が採用されています。

従来に比べてずば抜けた奏功率が
実現されている。

すでに皮膚がん、肺がんで保険適用されており、
さらなる保険拡大が期待される一方、
PD-1抗体治療の高額な医療費が議論を呼んでおり

NHK「クローズアップ現代+」で特集が
組まれるなど、テレビ・新聞・雑誌等の
メディアで“旬”のトピックになっています。

「がん」と「医療保険制度」の問題が交差する
新薬の登場は、メディアだけでなく、国民的な
関心事にもなっている。

しかし、苦しいがん治療を続けている人は
必ず知っておきたい知識だと思います。

抗PD-1抗体は「がん免疫逃避機構」の研究から
見えてきた免疫への妨害を阻止する新たな治療法
であります。

人間の体は、「免疫」によって守られています。
免疫は、体にとって有害な病原体や異常細胞を
監視し、攻撃や排除をします。

近年、この免疫力を活用して、がんの発症や
進行を阻止する免疫細胞治療などが注目を
集めています。

ところが、こうした免疫に守られている
にもかかわらず、私たちはがんになる
ことがあります。

体内でがん細胞が増殖して、進行性のがんと
診断される人も少なくありません。

いったいなぜ、そのようなことが
起こるのでしょうか?

「免疫細胞はがん細胞を攻撃する力を
もっていますが、攻撃されるがん細胞も
無抵抗ではなく、

免疫の攻撃を回避するような動きを
することが分かってきたのです。

このようながん細胞の免疫に対する「抵抗」
つまり、がん細胞が自身を守ろうとする仕組み
を「がん免疫逃避機構」と呼びます。

これによって免疫細胞が正常に働かなく
なることが、最近の研究で明らかになって
きました。

それが、がん発症の引き金となることもあります。

本来、免疫細胞は健康被害をもたらす
がん細胞を攻撃する役割を担っている。

しかし、免疫からの攻撃を避けるために
がん細胞が免疫細胞に対して妨害を行う
ことが分かってきた。

それががん免疫逃避機構だ。

がん細胞の妨害に遭うと、免疫細胞は正常な
攻撃ができなくなってしまう。

では、「がん免疫逃避機構」はどのように
引き起こされるのか。

通常、まず免疫の司令塔である「樹状細胞」が
がんを発見すると、攻撃を担当する「T細胞」
にがんの特徴を教えて、攻撃の信号を発します。

T細胞はそれを受けて、攻撃すべき対象を
見分けて攻撃に移ります。

ところが、がん細胞からT細胞に対して
攻撃を抑える信号が送られると、
免疫が正常に働かなくなってしまうのです。

人間の体内にはこのような、がん細胞が
免疫力を抑え込む仕組みが複数あるとされています。

その中で濱西先生が注目し、研究を進めているのが、
「PD-1/PD-L1経路」です。

T細胞ががん細胞を攻撃しようとしても、
T細胞に発現する「PD-1」という物質と
がん細胞に発現する「PD-L1」という
物質が結び付くとT細胞は攻撃を
やめてしまうのです。

そこで現在、盛んに行われているのが
がんの免疫逃避機構を阻止する薬剤の研究開発で
「免疫チェックポイント阻害薬」と呼ばれています。





「PD-1/PD-L1経路」に有効とされるのが、
抗PD-1抗体」や「抗PD-L1抗体」です。

この薬剤をがん患者さんに投与すると、
がんは自己防衛力を失い、免疫細胞が
正常に機能すると言われています。

T細胞が、がん細胞を攻撃する。
しかし、ここにがん細胞による免疫抑制が
起こると、この一連の流れが止まってしまう。

その妨害経路の一つが「PD-1/PD-L1経路」だ。

この経路を遮断するために開発された薬剤が
「抗PD-1抗体」や「抗PD-L1抗体」で、
これを投与すると、図に示したように
Y字型の抗体と呼ばれる物質が経路を遮断し
免疫抑制の信号をブロックする。

PD-L1(programmed cell death-1 ligand-1)
とは、がん細胞から発現している物質で、
PD-1(programmedcell death-1)とは
T細胞上にあるPD-L1の受容体だ。

この二つはぴったり合うカギとカギ穴の
ような関係にある。

このPD-L1がPD-1と結合し、がん細胞から
T細胞へ信号を送ることにより、その働きを抑制し
免疫から逃れていると考えられる。

逆にいえば、「PD-L1」と「PD-1」が
結合しなければ、がん免疫逃避機構が
働かないことになる。

したがって、抗PD-1抗体、抗PD-L1抗体とは
二つの物質の結合を阻止し「PD-1/PD-L1経路」
を機能させないための薬といえる。











posted by 健康オタクよっつん at 13:00| Comment(0) | 抗PD-1抗体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガン抑制遺伝子とは?癌家系って本当なの?癌抑制遺伝子p53の関係性について

私は癌家系の家に生まれました。

両祖父母は肝臓がん胃がん
両親である父は糖尿病を長く患い、すい臓癌
亡くなりました。

まだ叔父は白血病を患い36歳という若さで
亡くなりました。血縁関係はありませんが
叔父の奥さんは後を追うように乳がんになり
その三年後に亡くなりました。

私も私の子供達にも関係してくるので
私は予防としてこちらのサプリメントを
愛用しています!!




  ↓  ↓  ↓  ↓
>>癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合のサプリメント


なぜこちらのサプリメントを始めたのか・・・
それは下の研究論文が決め手になったからです。

私はいつも不安でした・・・

癌は遺伝するのでしょうか?
私はこのことについて様々な研究をネットサーフィン
しましたが遺伝については半々のようです。

癌の遺伝は、これは癌学会によると
少ない確率だそうです。

癌は基本的に遺伝は少ないとのこと
部位にもよるんですが平均で1%以下です。

ただ胃癌は比較的高く1%を上回ります。
胃の場合は性格やストレスも影響するらいしです。

性格は親から遺伝や環境も似てしまうので
遺伝といっても過言ではないですよね・・・

ただし癌家系というのは別になるそうで
同じ生活をしてる家族は性格や食事なども

同じで、同じようなライフサイクルを
してるために癌が多くなる場合があります。

だとえばマイナス思考の方は癌になりやすい
お酒の好きな家系とか
色々似たような体質が影響してくると思います。

癌の発生原因は遺伝子の突然変異が主です。
簡単に言うと突然遺伝子のどこかが
壊れます。そこから癌が始まり
細胞レベルをおかしていきます。

遺伝的よりもこの可能性が高いく
発生メカニズムも解明されつつあります。

<がん発生に関与する遺伝子群の研究結果>

現在、がん抑制遺伝子といわれる遺伝子群の
変異による機能不全がもっともがん発生に
関与していると言われています。

例えば、p53がん抑制遺伝子は、ヒトの腫瘍に
異常が最も多くみられる種類の遺伝子である。

p53はLi-Fraumeni症候群
(Li-Fraumeni syndrome) の原因遺伝子として
知られています。

またこれが、がんの多くの部分を占める自発性がん
割合としては小さい遺伝性がんの両方に
異常が見つかる点でがん研究における重要性が高い。

p53遺伝子に変異が起こると、
適切にアポトーシス(細胞死)や細胞分裂停止
(G1/S 細胞周期チェックポイント)を
起こす機能が阻害され、細胞は異常な増殖が
可能となり、腫瘍細胞となりえる。

p53遺伝子破壊マウスは正常に生まれてくる
にも関わらず、成長にともなって高頻度にがんを発生します。

p53の異常はほかの遺伝子上の変異も
誘導すると考えられる。p53のほかにも
多くのがん抑制遺伝子が見つかっている。

一方、変異によってその遺伝子産物が活性化し
細胞の異常な増殖が可能となって
腫瘍細胞の生成につながるような遺伝子も見つかっており
これらをがん遺伝子と称する。

これは、がん抑制遺伝子産物が不活性化して
細胞ががん化するのとは対照的である。

がん研究はがん遺伝子の研究から
がん抑制遺伝子の研究に重心が移ってきた。

現在においてはがん抑制遺伝子の
変異が主要な研究対象となっている。

以上ががん発生に関与する遺伝子群の
研究結果を簡単に引用したものです!!

私が癌の予防で飲んでいるサプリメントは
シンゲンメディカルが開発しガン抑制作用が認められた
p53誘導体を含むサプリメントです。

p53誘導体はグルコースを基盤とした独自成分で
増殖を繰り返すがん細胞の成長を阻止する、
癌細胞増殖抑制作用が期待される重要な成分です。

マウスによる臨床試験では
p53誘導体dbグルコース」を与えた一群において
W14固形がんの成長を100%阻害するという
驚くべき結果が得られました!!

2015年に開催された第74回日本癌学会学術総会
において有用性が発表されました
p53誘導体を含んだサプリメントはこちらです★

fukoidann (2).png
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合


合わせて読んで欲しい!
また詳しい内容はこちらへ!
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体を含んだサプリメントの成分や効果


>>p53誘導体BDグルーコースを含んだサプリメントについて


>>p53誘導体bdグルコースを含んだフコイダンのアポトーシス作用














posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | ガン抑制遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

p53誘導体dbグルコースのサプリメント全分子フコイダンエキスが出来るまでの道のり

癌の生存率はがん治療の充実や免疫治療など
発展や最先端医療の充実により、
目覚しく伸びてきていることは確かです。

しかし未だ厳しい5年相対生存率が示すように
私の父もすい臓癌で余命3年と昔申告されたのを
昨日のことのように思い出します。

少しでも元気な時間を増やしてあげたいと
癌の自然療法や体の免疫力をあげる方法などを
ありとあらゆる方法で調べたのが今の
私を支えてくれています。

そして今私はその成果としてp53誘導体という
一つの答えを得ることができました。


p53誘導体はヒバマタ海藻からごく微量に
抽出されるフコイダン成分を主体に全分子フコイダン
DBグルコース・フコキサンチンで
構成される補完医療の複合成分です。

2015年日本癌学会学術総会において、
p53誘導体DBグルコースの特異的な
臨床試験結果を発表しました!!

p53誘導体dbグルコースの効果とは・・・

p53 (2).png

これまでの抗がん食品の常識を覆す
p53誘導体 DBグルコース」を発見。
2015年日本癌学会学術総会において
今後の大きな変換点ともなる発表!

p53 (4).png

発表題材となった臨床試験では、
マウスをp53誘導体DBグルコース希釈水を与える一群と
通常の水道水を与える一群に分類。

飲水開始から1週間後にH-ras癌遺伝子W14細胞を
皮下に移植し、その後3週間経過時点での
増殖・成長を測定しました。

p53 (6).png

その結果、通常の水道水を与えたマウスの一群では
固形がんの体積が1,000mm3に達したのに対し

p53誘導体DBグルコースを与えたマウスの一群では
ほとんど増殖・成長が見られず
H-ras癌遺伝子W14細胞を100%近く
阻害していることが確認されたんです!!!!

グルコースの特性を活かした
p53誘導体DBグルコース

PET検査でも利用される、がん細胞が
グルコースを取り込む特性。

これまでも試験管レベルにおいて
ある程度の抗がん作用がある食品は数多くありました。

しかし飲用レベルでの実証や裏付けが乏しく
試験管上の細胞実験では良い結果を出すものの

飲用しても吸収されない、または形質変換して
作用しないという成分も世に多くありました。

p53誘導体の重要な構成成分である
全分子フコイダンやフコキサンチンもその例外ではありません。

p53誘導体DBグルコースの研究においても、
飲用レベルにおいて血管内に吸収される成分を
探索することが大きな課題でした。

日本の海藻研究の第一人者でもある元、
札幌医科大学付属臨海医学研究所副所長
高橋 延昭先生が、そこ目をつけたのが
単糖類であるグルコースです!!

p53 (5).png

際限のない成長・増殖を繰り返す癌細胞は
多くの栄養を必要とするために、正常細胞に比べ
約3倍から8倍のグルコースを必要とします。

体内に取り込まれたグルコースは正常細胞よりも
早くがん細胞に呼び寄せられそれをエネルギーにして
細胞分裂を繰り返し、次第に増殖していきます。

癌の進行にともなって次第に
痩せ細ってしまうのはそのためです。

私の父もすい臓癌になったとき急に5キロ
痩せ頬はやせこけ見るからにガン患者の特徴的な
顔していますた。。。

p53 (6).png

このメカニズムを応用して癌早期発見につながる
検査として運用されているのがPET検査です。

癌精密PET検査は体内に擬似グルコース注入し
がん細胞に集まった擬似グルコースの
箇所を特定しがんを見つけ出します。

p53 (1).png

P53誘導体 DBグルコースはそのグルコースの
特性をヒントに、グルコースに体には無害な
特殊加工を施すことで、速やかに癌細胞に
到達することに成功したのです。

p53誘導体dbグルコースは、単糖類である
グルコースを基盤に独自の特殊加工を施した食品成分です。

全分子フコイダン、DBグルコース、フコキサンチン
で構成されるp53誘導体の重要な構成要素の一つとして

すでに実用化されp53誘導体認証製品として
高橋先生の指導の元、シンゲンメディカルで製品化されています。
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体配合製品なら、全分子フコイダンエキス


世界で初めて独自開発に成功した有用成分体
「p53誘導体」を含有する全分子フコイダンエキスを
2000、1000、500の3種類の濃度で製品化しています。

IMG_5127.JPG

予算や状況に応じてフコイダン濃度を
3種類より選ぶことが出来ます!

詳しくはこちらの記事も↓
>>p53誘導体dbグルコース配合の全分子フコイダン
















posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | p53誘導体DBグルコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

癌家系の方には力強い見方に!p53遺伝子を修復するp53誘導体DBグルーコース配合のサプリメント

今は2人に1人が癌になると言われていますが
それは良性、悪性どちらか判断の難しい癌も
あります。

私の母方の祖父母は胃がん、肝臓がんで
手術をしましたが腫瘍を取り出して検査を
して初めて100%の癌であるということが
確認出来ました。

母方の叔父は肝臓がん、私の父はすい臓癌
でしたがどちらも手術が大変難しい臓器であり
癌の可能性は高いが手術して見なければ
わからないということでした。

CTスキャン、超音波、造影剤の検査と
腫瘍マーカーの数値でおそらく進行性の
癌ではないかという事でした。

私が30歳のとき卵巣に腫瘍が出来たときは
90%は良性の腫瘍と言われましたが残りの
10%近くは境界性悪性の可能性があり

手術して腫瘍を病理検査するまでは生きた心地が
しなかったのを今でも覚えています。

それからは健康には人一倍気を使いながら
ストレスをためないようにお守り代わりとして

癌に良い食事療法やサプリメントを調べ
全分子フコイダンエキスにたどり着きました。

癌の発生のメカニズムにp53遺伝子が
大きく関わっているということを知り
それは遺伝性なのか?もしくは生活環境が
大きく関わるのか・・・

P53遺伝子が癌の抑制の役割をし、p53遺伝子が
うまく働かないことでがん細胞が大きくなる
という論文結果を見て

p53遺伝子の働きを助ける成分
p53誘導体DBグルコースという成分が
あるということを発見しました!!

癌は遺伝性であっても生活環境が原因であっても
p53遺伝子を修復すればいいのか!
と今までの恐怖から開放された気分になりました。


合わせて読んで欲しい記事↓
>>P53遺伝子と癌の関係性


癌抑制遺伝子p53の働きを助け修復してくれるのが
p53誘導体DBグルコース配合の全分子フコイダンです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体配合の全分子フコイダンエキスはコチラ


p53誘導体DBグルコースは
増殖を繰り返すがん細胞の成長を阻止する成分
癌細胞増殖抑制作用が期待される重要な成分です。














posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | p53遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする