2016年11月01日

フランDグルコースを実際に摂取した最新の症例を紹介原発不明がん腹膜播種、胸膜播種、腹部リンパに転移あり

69歳女性、 原発不明がん。
2016年12月に発症。
腹膜播種、胸膜播種、腹部リンパに転移あり。

背中の痛みや微熱の症状あり。

当初、原発不明がんと診断され
インターネットなどで調べると
余命2,3か月という情報だったので
免疫細胞療法などの治療を検索調べているときに
フランDグルコースに巡り合えて本当に良かったと思います。

最後の砦でDNA検査でがん細胞の由来が判明
すれば化学療法の薬剤が効果の発揮するものを
選定できるとドクターに言われましたので

がん細胞のDNA検査手術をしDNA検査で
卵巣由来のがん細胞と判明。

化学療法の副作用も少なく、無事に1クール三回の
3クールの治療が終わりました。

腫瘍マーカーCA-125も当初3800台と
かなり高かったものが三か月後には、ほぼ
正常値の38にまで減少。

余命3か月位だと覚悟していたので今では
キツネにつままれた感じです。

まだ、これから手術に後期化学療法が
残ってますので安心は、できませんが
フランDグルコースを飲用したことで
心の支えにもなりましたし、病も気から
というように癌を克服するという強い意志を
持って治療できました。




  ↓  ↓  ↓  ↓
>>フランDグルコース詳細はコチラ!

症例報告は、ウェブサイトでより詳しく
見ることが出来ます。
フランDグルコース配合食品を1日に3包、3カ月間
経口摂取したモニター結果を順次公開しています。

・胃がん
・大腸がん
・すい臓がん
・乳がん
・子宮がん
・卵巣がん
・腎臓がん
・膀胱がん
・肺がん













posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | フランDグルコース効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする