2016年10月09日

がんを成長させないな糖分のp53誘導体DBグルコース栄養成分「グルコース」を加工しがん細胞に栄養を与えません

がんが増殖するには糖分が必要となり、
人間が生きていくうえでは糖分は必要
ではいったいどうすればいいのか・・・

最近では糖質制限という健康法が流行って
いますが、糖をなくしてしまえば、がんの
増殖を防げるのか?しかし、話はそう簡単
ではないようです。

それは糖質制限をしても、血糖値が一定に
保たれていることからもわかります。

特に低血糖にならないように人間は体内に
5種類ものステロイドホルモンを備えています。

だから、糖質ゼロの食事でも血糖値は
100mg/dl前後に保たれています。

この血糖は主に脳が消費しますが、がんがあれば
がん細胞もブドウ糖を栄養源として使います。 

そこでシンゲンメディカルが開発した
p53誘導体dbグルコースはがんを成長させない
糖分
として発表したのが全分子フコイダンです。

注目のp53誘導体DBグルコースを
わかりやすく解説します。

口から摂取しがん細胞まで届く唯一の栄養成分
「グルコース」を加工し、がん細胞に栄養を
与えない効果機序が注目されました!

本来がんが成長するための栄養素である
「糖」に着目し、その糖を「p53誘導体DBグルコース」
として特殊加工することで、

がんの成長をほぼ100%近く阻害するという
研究結果が、2015年日本癌学会で発表された。

db (1).png

しかもその報告は、マウスに自然に口から
飲用させた臨床試験の結果だったという。

p53誘導体DBグルコース含有食品として
製品化されています。




  ↓  ↓  ↓  ↓
>>癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合


がん幹細胞を移植したマウスに
p53誘導体DBグルコースを4週間
口から飲用させた結果、がんの成長
をほぼ100%近く阻害した。

hukoidann (2).png

本来がんが成長するための栄養素である
「糖」を特殊加工することで、効率的に
癌細胞に取り込ませ成長を阻害するという。

PET検査でも利用される、がん細胞が
グルコースを取り込む特性。

PET検査に用いられる擬似グルコースの
原理もこれと同様だ。

際限のない成長・増殖を繰り返す癌細胞は
多くの栄養を必要とするために、正常細胞に
比べ約3倍から8倍のグルコースを必要とします。

体内に取り込まれたグルコースは正常細胞
よりも早くがん細胞に呼び寄せられそれを
エネルギーにして細胞分裂を繰り返し、
次第に増殖していきます。

癌の進行にともなって次第に痩せ細って
しまうのはそのためです。

このメカニズムを応用して癌早期発見に
つながる検査として運用されているのが
PET検査です。

癌精密PET検査は体内に擬似グルコース注入し
がん細胞に集まった擬似グルコースの箇所を
特定しがんを見つけ出します。

P53誘導体 DBグルコースはそのグルコース
の特性をヒントに、グルコースに体には
無害な特殊加工を施すことで、速やかに
癌細胞に到達することに成功しました。

db (2).png

p53誘導体 DBグルコースは、単糖類である
グルコースを基盤に独自の特殊加工を施した
食品成分です。

全分子フコイダン、DBグルコース、
フコキサンチンで構成されるp53誘導体の
重要な構成要素の一つとして、

すでに実用化されp53誘導体認証製品
として製品化されています。

hukoidann (1).png

2016年2月よりp53誘導体DBグルコース
含有食品として製品化され、一般に摂取
できるようになった。

hukoidann (3).png

がん細胞にグルコースを特殊加工で炭化
させたp53誘導体DBグルコースを取り込ませ
がんの成長をほぼ100%阻害する。

p53誘導体DBグルコースを希釈した水を
自由に与える一群と、通常の水道水を自由に
与える一群に分け、それぞれのマウスに
がん幹細胞を皮下移植し成長を観測。

その結果、p53誘導体DBグルコース希釈水
を与える一群で、がんの成長をほぼ100%阻害した。

hukoidann (4).png

この試験結果を効果検証するために、
第三者的な中立検査機関においても
同試験がおこなわれ、証明されたことが
さらに注目を集めている。






posted by 健康オタクよっつん at 20:08 | Comment(0) | がんの成長させない糖分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする