2016年10月03日

人工知能AIを使って癌治療を選択出来るようになる!?

人工知能(AI)を活用して、がん患者に
適した治療法を選んだり、患者が治療の
悩みを解決したりできるサービスを、

米シカゴ大学中村祐輔教授と情報解析企業
「FRONTEO」(本社・東京)が開発する。

がんの遺伝子研究で世界的に知られる
中村教授ら専門家の経験や判断の基準をAIが
取り込み、

膨大な医学論文から学習して患者の
遺伝情報などをもとに最適な治療の候補を
提案する。

人間の経験や感覚を学習するAIを使って
2年以内のサービス開始を目指す。

医療機関で医師が治療選択の参考にしたり
患者への説明に活用したりする。

また、患者が自宅から、病気や薬の基本について
無料で信頼できる最新の情報を分かりやすく学べる。

患者の文章から興味や関心を読み取る機能を
AIに持たせ、求める情報を的確に提供できる
ようにする。

医学論文は、米国の公的データベースだけで
2600万件以上登録され、がん関連だけで毎年
20万件増えている。

最新の情報についていくのは、専門医でも難しい。
インターネット上の情報は玉石混交で、患者が
正しい情報になかなかたどり着けない。

論文を学習して最適な治療法を選ぶ研究は
東京大学中村教授は「正しい情報が得られず
適切な治療を受けられない患者はまだ多い。

患者が後悔のない治療を受けられる
仕組みを作っていきたい」と話す。

膨大な医学論文を学習した人工知能(AI)が、
60代の女性患者の白血病が治療などが難しい
特殊なタイプだと10分で見抜き、

適切な治療法の助言で回復に貢献していたことが
4日、分かった。治療した東京大医科学研究所は
「医療へのAI応用に大きな手応えを感じた」
としている。

同研究所が使ったのは、米国のクイズ番組で
人間のチャンピオンを破った米IBMのAI
「ワトソン」。

同研究所はAIが患者の救命に役立ったケースは
日本初ではないかとしている。

治療に関わった東條有伸教授は
「AIが医療分野への応用に非常に大きな
可能性を持っていることが実感できた。
将来は診断や治療の方針づくりに役立つだろう」
と話す。

膨大なデータの学習で的確な判断を行う
AIは、多様な分野で応用が模索されているが
今後は医療への応用が本格化しそうだ。

女性患者は昨年、血液がんの一種である
「急性骨髄性白血病」と診断され同研究所に入院。

当初の半年間は2種類の抗がん剤で治療したが
回復が遅く、敗血症などの恐れも出てきた。

東大は昨年からIBMと共同で、がんに
関連する約2千万件の論文をワトソンに学習させ
診療に役立てる臨床研究を行っていた。

そこで、女性患者のがんに関係する遺伝子情報を
ワトソンに入力したところ、急性骨髄性白血病のうち
診断や治療が難しい「二次性白血病」という特殊な
タイプだとの分析結果がわずか10分で出た。

ワトソンは治療法の変更を提案し、臨床チームが
別の抗がん剤を採用。

その結果、女性は数カ月で回復して退院し
現在は通院治療を続けているという。






posted by 健康オタクよっつん at 16:22 | Comment(0) | AI癌治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする