2016年02月01日

がん抑制遺伝子p53の働きは癌の病因解明と治療応用に期待できるp53を修復するp53誘導体bdグルコース

がん抑制遺伝子p53によって誘導される
P53誘導体BDグルコースで細胞死を抑える
新たな仕組みを発見しました。

>>癌学会で発表!p53誘導体を配合のサプリメント


p53は、多くのがん患者で機能が失われている
がん抑制遺伝子」の最も代表的なものです。

p53はアポトーシスと呼ばれる細胞死プログラム
活性化し、がん細胞を根絶することによって
がんに対する主要な防御機構として作用します。

p53によって起こるアポトーシスを強力に
作用するのがP53誘導体BDグルコースです。

がん抑制遺伝子

がん抑制遺伝子は細胞の増殖速度を正しく
調節するのに必要です。

ちょうど車のブレーキがそのスピードを
制御するように、がん抑制遺伝子は
細胞増殖サイクルのブレーキとして働きます。

これらの遺伝子が正常に機能できないと
細胞増殖は制御不能となり
がん化が起こると考えられています。

アポトーシス

軽度の細胞傷害はしばしば修復可能ですが
広範囲である細胞傷害は発がんの危険があります。

このように修復不可能な傷害の場合
細胞はアポトーシスと呼ばれる
自爆プログラムによって自分自身を殺し
がん化を防ぎます。

がん抑制遺伝子p53は細胞の生死を
コントロールする多数の情報を統合しています。

p53は細胞内情報のとても難しい
ネットワークの集積点に位置し

がん遺伝子の異常活性化やDNA損傷
酸化ストレスなどの異なった入力情報に反応

DNA修復や細胞増殖停止、老化、アポトーシス
などの適切な出力プログラムを開始します。

特に、細胞ががん化するとp53による
アポトーシスが起こり、がん細胞は死滅します。

p53の重要な機能として、アポトーシス制御による
「抗がん作用」が注目を浴びています。












posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | p53がん抑制遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする