2016年02月05日

全分子フコイダンエキスに含まれるフコキサンチンがp53遺伝子を修復!p53遺伝子とフコイダンの関係は?

不治の病といわれるガンの発生は
体の中のどこかの遺伝子に突然変異が起こり

がん化を引き起こす遺伝子(がん遺伝子
が出現し、

がん化を防ぐ重要な遺伝子(がん抑制遺伝子
の働きが失しなわれることが積み重なって

細胞が異常な増殖を始めることにより
発生すると考えられています。

ここでとても大事なのが
そのガンを引き起こすガン遺伝子を
抑制する
働きを持つp53遺伝子です


P53遺伝子は、がん抑制遺伝子の中で
最も有名な遺伝子の1つで
『ゲノムの守護神』とも呼ばれています。

細胞は常に様々な刺激を受けていますが
p53遺伝子は刺激に応じて他の遺伝子を

働かせることで、守護神の名の通り
DNAの傷の修復に関与したり
細胞の分裂(細胞周期)の調整を行ったりします。

傷が修復できないほど深い場合には
アポトーシス(アポトーシスについてを参照)を
誘導し、異常な細胞の排除を促すという
働きも担っています。

スクリーンショット 2016-02-15 22.07.20.png
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53遺伝子を修復!全分子フコイダンエキス


<p53遺伝子wikiより引用>

p53遺伝子(ピー53いでんし)とは
一つ一つの細胞内でDNA修復や細胞増殖停止
アポトーシスなどの細胞増殖サイクルの
抑制を制御する機能を持ち、

細胞ががん化したときアポトーシスを
起こさせるとされる。この遺伝子による

機能が不全となるとがんが起こると考えられている、
いわゆる癌抑制遺伝子の一つ。
  ↓  ↓  ↓  ↓



>>癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合


細胞が、がん化するためには複数の癌遺伝子と
癌抑制遺伝子の変化が必要らしいことが
分かっているが

p53遺伝子は悪性腫瘍(癌)において
最も高頻度に異常が認められている。


p53は、細胞の恒常性の維持やアポトーシス誘導
といった重要な役割を持つことから

「ゲノムの守護者 (The Guardian of the genome)」
とも表現されるが、染色体構造が変化する機構と
それらの細胞内での働いていると考えられます。












posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | フコイダン療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする