2016年02月08日

ガン抑制遺伝子とは?癌家系って本当なの?癌抑制遺伝子p53の関係性について

私は癌家系の家に生まれました。

両祖父母は肝臓がん胃がん
両親である父は糖尿病を長く患い、すい臓癌
亡くなりました。

まだ叔父は白血病を患い36歳という若さで
亡くなりました。血縁関係はありませんが
叔父の奥さんは後を追うように乳がんになり
その三年後に亡くなりました。

私も私の子供達にも関係してくるので
私は予防としてこちらのサプリメントを
愛用しています!!




  ↓  ↓  ↓  ↓
>>癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合のサプリメント


なぜこちらのサプリメントを始めたのか・・・
それは下の研究論文が決め手になったからです。

私はいつも不安でした・・・

癌は遺伝するのでしょうか?
私はこのことについて様々な研究をネットサーフィン
しましたが遺伝については半々のようです。

癌の遺伝は、これは癌学会によると
少ない確率だそうです。

癌は基本的に遺伝は少ないとのこと
部位にもよるんですが平均で1%以下です。

ただ胃癌は比較的高く1%を上回ります。
胃の場合は性格やストレスも影響するらいしです。

性格は親から遺伝や環境も似てしまうので
遺伝といっても過言ではないですよね・・・

ただし癌家系というのは別になるそうで
同じ生活をしてる家族は性格や食事なども

同じで、同じようなライフサイクルを
してるために癌が多くなる場合があります。

だとえばマイナス思考の方は癌になりやすい
お酒の好きな家系とか
色々似たような体質が影響してくると思います。

癌の発生原因は遺伝子の突然変異が主です。
簡単に言うと突然遺伝子のどこかが
壊れます。そこから癌が始まり
細胞レベルをおかしていきます。

遺伝的よりもこの可能性が高いく
発生メカニズムも解明されつつあります。

<がん発生に関与する遺伝子群の研究結果>

現在、がん抑制遺伝子といわれる遺伝子群の
変異による機能不全がもっともがん発生に
関与していると言われています。

例えば、p53がん抑制遺伝子は、ヒトの腫瘍に
異常が最も多くみられる種類の遺伝子である。

p53はLi-Fraumeni症候群
(Li-Fraumeni syndrome) の原因遺伝子として
知られています。

またこれが、がんの多くの部分を占める自発性がん
割合としては小さい遺伝性がんの両方に
異常が見つかる点でがん研究における重要性が高い。

p53遺伝子に変異が起こると、
適切にアポトーシス(細胞死)や細胞分裂停止
(G1/S 細胞周期チェックポイント)を
起こす機能が阻害され、細胞は異常な増殖が
可能となり、腫瘍細胞となりえる。

p53遺伝子破壊マウスは正常に生まれてくる
にも関わらず、成長にともなって高頻度にがんを発生します。

p53の異常はほかの遺伝子上の変異も
誘導すると考えられる。p53のほかにも
多くのがん抑制遺伝子が見つかっている。

一方、変異によってその遺伝子産物が活性化し
細胞の異常な増殖が可能となって
腫瘍細胞の生成につながるような遺伝子も見つかっており
これらをがん遺伝子と称する。

これは、がん抑制遺伝子産物が不活性化して
細胞ががん化するのとは対照的である。

がん研究はがん遺伝子の研究から
がん抑制遺伝子の研究に重心が移ってきた。

現在においてはがん抑制遺伝子の
変異が主要な研究対象となっている。

以上ががん発生に関与する遺伝子群の
研究結果を簡単に引用したものです!!

私が癌の予防で飲んでいるサプリメントは
シンゲンメディカルが開発しガン抑制作用が認められた
p53誘導体を含むサプリメントです。

p53誘導体はグルコースを基盤とした独自成分で
増殖を繰り返すがん細胞の成長を阻止する、
癌細胞増殖抑制作用が期待される重要な成分です。

マウスによる臨床試験では
p53誘導体dbグルコース」を与えた一群において
W14固形がんの成長を100%阻害するという
驚くべき結果が得られました!!

2015年に開催された第74回日本癌学会学術総会
において有用性が発表されました
p53誘導体を含んだサプリメントはこちらです★

fukoidann (2).png
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合


合わせて読んで欲しい!
また詳しい内容はこちらへ!
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体を含んだサプリメントの成分や効果


>>p53誘導体BDグルーコースを含んだサプリメントについて


>>p53誘導体bdグルコースを含んだフコイダンのアポトーシス作用














posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | ガン抑制遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする