2016年10月17日

p53誘導体dbグルコースのパンフレット紹介@補完医療の可能性を追求したp53誘導体臨床試験

p53誘導体 全分子フコイダン 臨床試験報告

2016-05-07 15.39.15.jpg

すい臓がん細胞株HPC-4増殖阻害臨床試験

ヒトすいがん細胞HPC-4を移植した
マウスを、水道水と餌料を与える群と
p53誘導体全分子フコイダンと餌料を
与える群に分けてヒトすい臓がん細胞
HPC-4増殖の過程を測定しました。

その結果、全分子フコイダンを与えた
群に明確にヒトすい臓がんHCP-4増殖の
阻害が認められました。

2016-05-07 15.39.27.jpg

これはラット胎児繊維芽細胞悪性形質転移株
W14に対した、がん細胞正常形態復帰や
アポトーシス誘導、新生血管阻害、免疫活性
に作用を及ぼすことが見て取れます。

2016-05-07 15.39.45.jpg
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>フコイダンのアポトーシス作用について

フコイダンは死ぬことを忘れたガン細胞に、
自ら死なせるメカニズムを与えることで
がん細胞を死滅に追いこみます。

これがフコイダンのアポトーシス作用です。

2016-05-07 15.40.04.jpg

p53誘導体 フコキサンチン臨床結果
アポトーシス誘導試験について

p53誘導体の構成成分「フコキサンチン」
の傾向摂取における癌細胞のアポトーシスを
確認実証する臨床試験を行いました。

この結果では増殖性悪性度が高いすい臓がん
「ヒトすい癌細胞HPC-4」を使用。

臨床結果では対照群において癌細胞が
残存率100%に対してp53誘導体フコキサンチン
を与えた群は癌細胞の残存率が55%となっています。

明らかな抗腫瘍作用が確認されました。

2016-05-07 15.40.14.jpg

p53誘導体 全分子フコイダン臨床試験結果
血管新生抑制臨床試験

p53誘導体の構成成分全分子フコイダンの
経口摂取における癌細胞の転移や増殖血管新生
の抑制を確認する臨床試験。

2016-05-07 15.40.35-1.jpg

p53誘導体 全分子フコイダン臨床試験結果
抗がん剤副作用改善効果

全分子フコイダンによるアポトーシス試験など
様々な臨床試験を繰り返す過程において
その副産物としてある傾向が共通することが
分かりました。

それはp53誘導体全分子フコイダンを
与えたマウスに共通して食欲増進による
体重増加です。

2016-05-07 15.41.30.jpg
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体配合製品全分子フコイダンエキスはコチラ






posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | 全分子フコイダン パンフレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: