2016年11月11日

フコイダンのアポトーシス作用についてフコイダン療法とは?フコイダンは癌治療に効果的?フコイダンが抗癌剤に★

フコイダンのアポトーシス作用って知っていますか?
この作用はフコイダンは癌に有効である作用です。

フコイダンには癌対して特殊な攻撃をすることが
わかっています。フコイダンのパワーには
免疫力増強作用効果があると言われています。

フコイダン分子 (2).png
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合のフコイダンエキス


人間の正常細胞は一定期間が過ぎると
死んでいくのですが、何かのきっかけで

遺伝子が傷つけられた細胞が死なずに
増殖をつづけます。これがガン細胞です。

ガン細胞はほとんど死ぬことがなく
増殖をつづけ、転移し、からだをむしばんでいきます。

フコイダンは死ぬことを忘れたガン細胞に、
自ら死なせるメカニズムを与えることで
がん細胞を死滅に追いこみます。

これがフコイダンのアポトーシス作用です。

フコイダンのガン細胞を死滅させる
アポトーシス作用には二つの攻撃パターンがあります。

1つは、ガン細胞の表面にあるスイッチを
おして信号をおくり、ガン細胞の核にあるDNA(遺伝子本体)
を破壊してガン細胞を死なせるというものです。

この第一の攻撃でガン細胞が死なないとき
フコイダンは第二の攻撃をおこないます。

それは、ガン細胞の表面に穴をあけ
DNAを直接破壊するというものです。

ビーカーをつかった実験ではこの二つの
攻撃パターンによるアポトーシス作用によって、

フコイダンはガン細胞を完全に
死滅させることが確認されています。

人間のガン細胞の培養液にフコイダンの
エキスを投入するという実験では、

数時間から10時間ほどでアポトーシス作用が
開始されるのが確認されました。

その結果、わずか12時間後にはじつに
60%ものガン細胞が死滅したとの報告があります!!

フコイダンは癌に有効だというのは
スタンダードな考えになって来ています。
フコイダンは海藻に含まれるねばねばの中に含まれています。

スクリーンショット 2016-02-12 10.12.46.png

癌細胞は成長に大量の栄養を必要とします。
自ら新生血管を作りだし体内の栄養を吸収します。

癌の特徴的な症状として激痩や
短期間で体重が落ちるといったような
症状が出るのはこのためです。

短期間での体重減少はおそらく末期がんか
進行の早い癌、進行ガンの疑いがあります。

しかしその進行の早い癌の段階で
フコイダンを投与しますと、新生血管に作用し、
癌細胞にアトポーシス(がん細胞の崩壊)を起こさせます。

フコイダンでは癌やその他の活性酸素に起因する病
不快症状に有効です。活性酸素と水素が体内で
結びついて、体外へ排出されるからです。

フコイダンには更に免疫力増強作用・効果も
あると言われています。体内の免疫細胞を
刺激して活発にし、また数も増やし、

免疫システム全体を活性化させるから
だと言われています。多糖体が
免疫細胞を活性化すると言われています。

天然のモズクから抽出される超低分子フコイダン
(エキスフコイダン)は高額なのですが
気管支喘息や喉頭がんや咽頭がんなど
改善例が数多くでています。

副作用も心配ないので薬とは違って
安心して飲めることが出来ます。



  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体認証の唯一の製品・全分子フコイダンエキス


私は小さい頃から喘息持ちでフコイダンエキスを
飲むようになってから喉の調子が良いです。

フコイダンのエキスが飲むときに直接粘膜などに
触れるために喉にも良いのではないでしょうか?

フコイダンエキスは味もそんなに違和感はなく
飲みにくいものではありません。

IMG_5103.JPG

味はミキプルーンのような味がして後味が
海藻っぽい味がします。
子供はイチゴジャムの味がするって言っています★


パーフェクトフコイダン






posted by 健康オタクよっつん at 14:34| Comment(0) | フコイダンのアポトーシス作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: