2016年11月11日

p53誘導体配合 全分子フコイダンエキス よくある質問A フコイダンエキスの効果的な飲み方

癌に効果があるサプリメントは本当に
世の中に溢れていますが、やはり生で、新鮮である
エキスは体への浸透力と効き目が違います。

フコイダン分子 (2).png
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体配合製品なら、全分子フコイダンエキス


何より新鮮なものであること、糖衣錠のサプリメント
は体への浸透力も弱く新鮮ではないのでダメです。

ガンへの有効成分は何より新鮮なもの
保存料、着色料など入っていないものに限ります!

食品から取る事が一番望ましいですが、
私のような癌家系や癌に犯されている人
は癌に効く有効成分を普通の人より
大量に摂取しなければなりません!

体の免疫力を上げること尚且つ遺伝子細胞レベル
傷ついた細胞がん細胞に打ち勝つ必要があるからです。

前置きが長くなりましたが、
全分子フコイダンサプリメントの効果的な
飲み方をまとめてみました!

どの濃度を1日何回飲めば良いのか悩んでいます。

全分子フコイダンエキスは状況や予算に合わせて
フコイダンエキスを飲用出来るように
3種類の製品で構成されています。

スクリーンショット 2016-02-12 10.06.58.png

飲み始めなど今すぐ必要な方には最高濃度の
「全分子フコイダンエキス2000」がオススメ!
命はお金では買えませんから!一日でも
元気な時間を過ごしてほしいから!

1日3包から始められて、体調に合わせて
徐々に飲用回数を減らしていきます。

2000を1包と1000を2包飲むのではどちらが最適ですか?

全分子フコイダンエキス2000を1包飲むのと
1000を2包飲むのとは摂取できる成分量は同じです。

しかし成分量は同じですが、2000を1包1方が
お得に購入いただくことができます。
(4週間あたり72,000円→54,000円)

飲用にあたり注意することはありますか?

全分子フコイダンエキスは薬ではなく
代替サプリメントになるので医師の処方などは必要なく
自分の判断で服用することが出来ます。

放射線治療・抗がん剤治療中でも問題ない
との事です。むしろ併用すれば放射線や
抗がん剤の副作用を抑えてくれる働きがあります。

しかし一般の食品でもあるように、
まれに体に合わなかったり胃腸に
負担のかかる人もいるかもしれないので

もしも、体に合わないようでしたら、
飲用をご中止してください。

また、海藻成分等のアレルギーや、甲状腺の疾患等で
海藻成分の摂取に注意を必要とされる場合は
かかりつけのお医者様によく相談して下さい!

薬との併用は問題ありませんか?

全分子フコイダンエキスは薬ではなく
補完サプリメント成分となります。

これまでに副作用や薬を効きにくくする
といった報告はなく、薬との併用にも特に
制限はないので安心です。

IMG_5146.JPG

必ず効果が見込めますか?

全分子フコイダンエキスは薬ではありません。
補完サプリメント成分となるので
実感にはどうしても個人差があります。

がん補完医療の複合体成分としての「p53誘導体」と
p53誘導体の構成要素である
p53誘導体DBグルコース」が注目されつつあります!!

癌学会で発表された「p53誘導体研究サイト」
を動画で見ることが出来ます。
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>https://youtu.be/YjAiTi4Oumk

全分子フコイダンエキスを
初めてみませんか!!少しでも元気な時間を
長くしてあげたい!癌と共存して長生きしたい!
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体配合製品全分子フコイダンエキス 

札幌医薬研究所で生まれた
p53誘導体DBグルコース配合サプリ
全分子フコイダンエキスです。













posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | 全分子フコイダンエキスの飲み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: