2016年11月11日

p53誘導体配合 全分子フコイダンエキス <公式オンラインショップ>よくある質問@

p53誘導体配合の 全分子フコイダンエキスって?

癌に効果があるの?
癌に有効成分は?
聞きなれない言葉や難しい名前がいっぱいですよね・・・

フコイダンエキスについてのよくある質問を
まとめてみましたので参考にして見てください♪

全分子フコイダンエキスとは何ですか?

全分子フコイダンエキスは、学会でも発表された
p53誘導体を高濃度に凝縮して配合された
唯一のフコイダン製品です。

シンゲンメディカルの長年のフコイダン研究
の取り組みにより開発に成功しました。
状況に応じて、2000・1000・500の3種類の
濃度で製品をご用意しています。

ふこいだん (2).png
  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体配合製品なら、全分子フコイダンエキス


3シリーズの違いは何ですか?

全分子フコイダンエキスはご状況に応じて
次の3種類の濃度で製品を用意、健康サプリメントの
中では少々高額なので目的・症状にあわせて

●今すぐ必要な方に最高濃度を
全分子フコイダンエキス 2000

●未来へ希望をつなぐスタンダードタイプ
全分子フコイダンエキス 1000

●食生活を見直し5年後の健やかに
全分子フコイダンエキス 500。

p53誘導体とは何ですか?

p53誘導体は、シンゲンメディカル札幌医薬研究所
において研究・開発され、学会でも発表された
独自の補完サプリメント成分です。

ふこいだん (4).png

全分子フコイダンを主体にDBグルコース
フコキサンチンで構成されています。
全分子フコイダンエキスはp53誘導体を配合する唯一の製品です。

全分子フコイダンは他のフコイダンと違うのですか?

一般にフコイダンは高分子や低分子
超低分子など様々な分子サイズで製品化されていますが
その特性により得意とする働きが異なります。
その全ての分子特性を併せ持つのが全分子フコイダンです。

ふこいだん (5).png

DBグルコースとは何ですか?

DBグルコースはシンゲンメディカル札幌医薬研究所で発見し
その有用性が2015年日本癌学会学術総会で
発表された補完サプリメント成分です。

全分子フコイダンに配合することで
さらに期待の高まるp53誘導体の重要な構成成分です。

フコキサンチンとは何ですか?

ふこいだん (3).png

フコキサンチンヒバマタ海藻など褐藻類に
微量にしか含まれない茶褐色の天然色素(カロテノイド)

その特異な有用性が2009年日本癌学会学術総会で
発表された補完サプリメント成分です。

p53誘導体ではこれをさらに強化配合することで
全分子フコイダンとの相乗作用を高めています。

高分子フコイダンとは何ですか?

高分子フコイダンは全分子フコイダンの
構成要素の一つです。一般に抽出された
高分子フコイダンは分子量約200,000程度の高分子を示しています。

これをシンゲンメディカルでは独自の製法により
平均分子量300,000を実現しています。

高分子フコイダンは吸収率には優れていませんが
強い活性刺激を有しています。

低分子フコイダンとは何ですか?

低分子フコイダンは全分子フコイダンの構成要素の一つです。
フコイダン本来の平均分子量200,000という
大きな分子サイズを、独自製法によりフコイダン

(多糖類)としての性質を保ちながら平均分子量
500から700まで小さくする加工を施しています。

高分子フコイダンに比べ、細胞への吸収率を
優位にすることで直接的な作用に働きます。

超低分子フコイダンとは何ですか?

フコイダン分子 (3).png

超低分子フコイダンは全分子フコイダンの
構成要素の一つです。フコイダン本来の
平均分子量200,000という大きな分子サイズを

独自製法によりフコイダン(多糖類)としての
性質を保ちながら平均分子量500以下まで
小さくする加工を施しています。

低分子フコイダンに比べ、さらに細胞への吸収率を
優位にすることでより直接的な細胞への作用に働きます。

保存方法・賞味期限について教えてください。

未開封の場合常温で約6ヶ月間の保存が可能ですが
できるだけお早めにお召し上がりいただくことを
お勧めいたします。

保存料は一切使用していないので開封後は
できるだけ早めにお召し上がりください。

開封後の保管方法は、一般の生鮮食品と同様の取り扱いで
日の当たらない涼しいところや冷蔵庫などで保管してください。




  ↓  ↓  ↓  ↓
>>p53誘導体配合製品の全分子フコイダンエキスはコチラ




パーフェクトフコイダン






posted by 健康オタクよっつん at 00:00| Comment(0) | シンゲメディカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: